NEWS

第3回 日本イエナプラン教育全国大会報告書

第3回 日本イエナプラン教育全国大会(2018年7月開催)の報告書を共有させていただきます。大会当日の様子がご覧いただけますのでぜひともお読みください。

http://dp11229053.lolipop.jp/news/zenkoku_2018.pdf


第4回日本イエナプラン教育全国大会 開催のお知らせ

台風6号接近に伴う第4回日本イエナプラン教育全国大会開催について

 

現在、台風6号が週末にかけて本州に接近するとの予測が出ておりますが、

第4回日本イエナプラン教育全国大会は、予定通り開催いたします。

ご参加については、それぞれご無理のないようにお願いいたします。

交通機関の乱れなどがあるかもしれませんが、皆さまどうぞお気をつけていらしてください。

 

ーーーーーーー

 

 

第4回日本イエナプラン教育全国大会について

 

7月27日(土)に第4回日本イエナプラン教育全国大会が開催されます。 
会場は、日本初のイエナプラン・スクールである大日向小学校です。 

今年の大会のテーマは、「イエナプランと遊び」。 
イエナプラン教育では、教科で区切られた時間割で学ぶのではなく、 

「仕事(学習)」「遊び」「サークル対話」「催し」 

の4つの活動をリズミカルに循環させた週計画で学びます。 

その大事なひとつである遊び。 
幼児教育ではとても重要視されているこの要素が、学校教育になると途端に、 
いわゆる勉強の付属品のような位置にやられてしまってはいないでしょうか? 
大人になるにつれて、どんどん遊ぶことが苦手になっていく、そんなことはないでしょうか? 

人が、よりよく学び生きていく、その活力源に4つの活動があります。 
今大会で、ペーターセンの思想を通して、現場での実践報告を通して、実際に遊んでみて、 

遊びの意味をもう一度考えてみませんか? 
遊びを思い切り味わってみませんか? 

大日向という自然豊かな場所での1日の研修が、 
そこに集う私たちにどんな心の動きをもたらしてくれるのか、楽しみです。 

今年は、大日向小学校の教室を活かして、午後は分科会形式で行います。 
「遊び」について、現場実践から考える分科会、大人が遊んだり体を動かしながら考える分科会、 
また、2017年日蘭アカデミー研修生2人の研究発表も分科会で行われます。 

是非、第4回イエナプラン教育全国大会にいらしてください。お待ちしています。 
 

ーーーーーーーーーー《 概 要 》ーーーーーーーーーーーーーー 

【日 時】:7月27日(土)10:00〜16:00 
【定 員】:100名(先着順) 
【会 場】:長野県南佐久郡佐久穂町大日向1110 
      学校法人茂来学園大日向小学校(https://www.jenaplanschool.ac.jp/) 
※お車の場合 現地駐車場有り   
※公共交通機関の場合 JR小海線 最寄り駅(海瀬)からのバス送迎有り(運賃往復1000円以内)。 
※電車は本数が多くありません。電車をご利用の方は、海瀬駅に9:12分、17分に着く電車でいらしてください。
 

【参加費】:5000円(協会会員、学生4500円)当日会場受付でお支払い下さい。 
※当日キャンセルされた方は、大変申し訳ないのですが全額キャンセル料をいただきますので、ご了承ください。 

【お申し込み先】:https://kokucheese.com/event/index/569864/ 
【お問い合わせ】:info@japanjenaplan.org 
*全国大会について、大日向小学校へのお問い合わせはご遠慮ください! 
【主 催】:一般社団法人日本イエナプラン教育協会 
【持ち物】:昼食、飲み物、動きやすい格好でいらしてください。 

《当日のタイムスケジュール》 
※9時25分 バス 海瀬発 
9時20分 受付開始 
9時50分 総会 新理事紹介 活動報告 会計報告 

【午前の部】 
10時00分 開会 
10時05分 大日向小学校の紹介・映像 
10時45分 講演「ペーター・ペーターセンの思想」玉川大学教授佐久間裕之氏 
11時45分 質疑応答 

12時15分 支部交流(遊び)・昼食・昼休み 
   ※近くに飲食店はございませんので、飲み物・昼食は御持参下さい。 

【午後の部】 
13時30分 分科会(40分) 
14時10分 移動 
14時20分 分科会(40分) 
15時00分 移動 
15時10分 振り返りタイム(50分) 
16時00分 閉会 
(16時30分 バス出発 海瀬駅まで) 

《講演講師紹介》 
【佐久間裕之先生】 
玉川大学教育学部教授。 
教育哲学・教育史、特に、新教育の歴史・思想に関する研究がご専門で、 現在はIBの理念につながるドイツ田園教育塾と全人教育(小原國芳)の研究や、 イエナプラン研究に精力的に取り組んでおられる。 
イエナプラン教育を創設したペーター・ペーターセンのご研究では、 何度もドイツに行かれイエナ大学の客員教授もなされるなど、

日本の第一人者であられ、ペーターセンの思想を深く熱く語る講演には定評がある。 


オランダ夏季研修奨学金制度についてのお知らせ

オランダ夏季研修奨学金制度についてのお知らせ

 

オランダ夏季短期研修、奨学金の内容が、以下のように決まりました。       

 

【対象者及び人数】
・学生2名 社会人学生はのぞく

 

【金額】
・研修費の半額

 

【返済方法】
・1年以内に返金する。
・返済計画は、奨学金を受けることが決まった時点で、個別にたてる。

 

【選考方法】
・先着順

 

【奨学金事務局】
・基金を提供してくれた2018年夏季研修参加チーム(代表 宇野克郎さん)

 

お申し込み方法、申し込み開始日、返済方法などにつきましては、
奨学金事務局より5月中旬に改めてお知らせいたします。


名古屋市の公教育改革に関する報道を受けて

みなさま


本日報道された、以下の中日新聞の記事を受けて、弊会としての考えを共有させていただきます。
http://bit.ly/2AdAwZ6

名古屋市の公教育改革のひとつとして、イエナプラン教育の名前が大きく報道されましたことを、理事・事務局一同、嬉しく思うと共に、大変驚いてもおります。
私どもとしては、任意団体時代を含めますと、10年以上日本でのイエナプラン教育の普及に努めて参りましたため、
このような取り組みの可能性について素直に嬉しく受け止めると共に、身の引き締まる思いもございます。

今回の報道内容につきましては、協会本部にも名古屋支部にも、
名古屋市や中日新聞からの事前の連絡等はいただいておらず、
実は具体的な事は私どももよくつかめておりません。
また、イエナプラン教育に対する内容で、
「個人用机の撤廃」「2校目の導入私立校の設立準備が進む」という記述には事実誤認があります。
こうしたことを残念には思うものの、
今後ますます日本の公教育にイエナプラン教育が寄与できるのではないかという実感も強めているところです。

私どもの活動は、草の根的に、地道に、現場の先生方と共に歩んで参りました。
「イエナプラン教育は、メソッドではなく、コンセプトである。」
という思いは、日に日に私たちの中でも強くなり、
「イエナプラン教育は私たちの”生き方”そのものである。」
という考えにじんわりと納得し、日々、普及や実践に邁進しております。


「海外の教育だろう」「特別な子ども達のためだけの教育だろう」という
オルタナティブ教育への偏った見方に対しても
真摯に「日本の公教育でも必ず実践できる」という思いで進めて参りました。

2019年4月には、日本初のイエナプランスクールが長野県佐久穂町に開校する予定です。
私たちは、引き続き、
イエナプラン教育のコンセプトに共感し、学校・家庭・地域・企業など
それぞれの現場で実践をしようとされる方々と共に歩むことを
お約束したいと思っております。

私たちも、コンセプトからぶれることなく、そして、焦ることなく、
「目の前の現実から」始める教育改革を進めていければと思っております。

どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。

日本イエナプラン教育協会

 

 


協会組織民主化への取り組みについて

協会の組織改革に関する重要なお知らせがございます。

 

弊会では、会員が増え、イエナプラン教育に対する関⼼が広がってきた今、組織としての基盤をさらに固める時期にきていると考えました。
そのためには、理事選出をより⾒えるものにして、広く多くの⽅が協会運営に関わることができるようにすることが重要であると考えます。
また、皆さまに理事選出への関⼼を持っていただくことで、⽇本イエナプラン教育協会が、会員によってより主体的に参加運営される学びの場となると考えています。
そこで、以下の要領で「理事選出を選挙制にする」ことを決定しましたので、お知らせいたします。
ご確認いただき、今後とも活動へのご理解とご協力を頂けますよう宜しくお願いいたします。

 

【理事選出の選挙制について】

 

1.目 的 協会組織の民主化を進めるため

2.要 項
    ・理事定員:4人〜6人
    ・理事任期:4年

     (引き継ぎをスムースにするため2年ごとに半数ずつ交代する)

     (2019年第1回選挙は、現理事が2名残留した上で行う)
    ・代表理事:新理事の合意で選出
    ・被選挙権:協会正会員であること
    ・選挙権   :協会正会員であること
    ・事務局   :理事が事務局を兼ねる、
さらに、理事会にて理事以外の

                         メンバーを選出することができる
    ・スケジュール:
       2018年3月 ニュースレター発行、民主化について会員に周知する

                           正会員募集開始

                 7月 全国大会にて会員へさらなる周知をすすめる
       2019年1月 選挙管理委員会立ち上げ
                   4月 理事選公示 立候補者募集(理事立候補への想いの表明)
                   5月 理事選挙(ネット投票)、新理事会にて代表を選出
                   6月 総会にて承認の上、新体制スタート

      

       ※年会費    正会員5,000円   賛助会員3,000円
                          法人会員 30,000円とする

                      (2018年4月以降の更新時より)


| 1/6PAGES | >>