NEWS

2017年1月28日 リヒテルズ直子氏講演会【イエナカフェ@ナゴヤ】オランダのイエナプラン教育とヨーロッパの教育事情

2017.1.28 リヒテルズ直子氏講演会【イエナカフェ@ナゴヤ】

オランダのイエナプラン教育とヨーロッパの教育事情

お申込みフォーム 

http://www.kokuchpro.com/event/1ded16afb3860eeeea04e6691c4ca6f9/


「教育」とは?
幼児教育、学校教育、家庭教育、新人教育など…。私たちが大人へと成長する過程で誰もが受けてきた「教育」とは、一体何でしょうか。また私たちにはそれを考えたり、学んだりする機会があったでしょうか。

時代の変化とともに私たちの生活は多様化してきました。生き方や働き方のカタチは増えていくばかりです。
でもどれだけ時代が変わっても決して変わらなかったもの。それはいつの時代も人は、「幸せに生きること」を目指してきたということ。そして、教育はそのための手段だったのではないでしょうか。しかし残念ながら、幸福度が低いとされている日本において、教育はその機能を十分に発揮できなかったのかもしれません。

オランダをはじめとするヨーロッパ諸国では、「教育とは何か?」ということへ真剣に向き合い、教育を通して国民が「幸せに生きること」ができるよう、国のありかたを変化させてきました。教育先進国と呼ばれる国々では今、どのような教育が行われているのか。それらを知ることは、私たちの新たな気付きや視点がつながると思います。

育児、学校、塾、人材育成など、教育に携わる方ならどなたでも歓迎します。私達と一緒に「教育とは何か?」をじっくり考えてみませんか。

(スケジュール)

13:15 受付

13:30 講演 「ヨーロッパの公教育は今ーーーオランダの事情を中心にーーー」

14:30 休憩

14:40 ワークショップ 「オランダ・イエナプランとアクティブラーニング」 (80分のアクティビティと30分の意見交換)

16:30 終了

(リヒテルズ直子氏 プロフィール)
九州大学大学院(教育学修士、社会学博士課程単位取得修了)卒業。1981−96年マレーシア、ケニア、コスタリカ、ボリビアに在住後、1996年よりオランダ在住。オランダの教育と社会事情について自主研究をし、書籍・論考・DVDなどで紹介。日本でも講演・ワークショップなどの活動を行うほか、オランダでは日本の団体の視察のコーディネートや通訳のほか、研修事業も企画実施。日本イエナプラン教育協会特別顧問。Global Citizenship Advice & Research 者代表。「オランダの教育」「オランダの個別教育はなぜ成功したのか」(いずれも平凡社)「残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ」(光文社)「祖国よ、安心と幸せの国となれ」(ほんの木)のほか、尾木直樹氏との共著「いま開国の時、ニッポンの教育」(ほんの木)、苫野一徳氏との共著「公教育をイチから考えよう」(日本評論社)など多数。