NEWS

『スクールリーダーシップ研修ー教職員チームと学校共同体のファシリテーターとしての校長ー』開催のお知らせ

2018年9月にオランダで行われ、大変好評を得た「スクールリーダーシップ研修」が、2019年4月28日、29日に日本で実施されることになりました。

アナザースカイとDVD「明日の学校に向かって」で一躍有名になったオランダ・バレンドレヒト市のドクター・スハエプマンスクールで40年余りの校長経験を持つリーン・ファンデンヒューヴェル先生を講師にお招きします。

 

オランダの学校の校長は、学校で働く職員のリーダーとして、職員たちの力が最大限に発揮されるように職員の仕事をファシリテートするとともに、職員たちがチームとなるよう組織を運営し、さらには、生徒と保護者が安心して学校に関われる学校共同体の建設者・維持者であることが求められる存在です。 本研修は、今、日本で様々の形で新しい学校づくりに取り組んでおられる皆様に、新しい学校経営とスクール・リーダーシップについて学んでいただくための研修です。新しい時代に向け、これまでの校長のあり方を見つめ直す良い機会になると思います。

 

リーン・ファンデンヒューヴェル先生は、オランダの学校が、画一的なものから、個別の子どもの発達を保障するものへと変換していった1970年代に、なんと20歳台で校長となり、以後、イエナプラン教育のペーターセンや最近展開されている様々な学校改革・組織変革の理論を取り入れ、40年にわたって実践してこられました。彼が校長を務めたドクター・スハエプマンスクールは、オランダ・イエナプラン教育協会からペーターセン賞を与えられ、オランダ教育監督局から「優秀校」に選ばれています。また、リーン先生は若い教員たちに向けたイエナプラン教育研修・カトリック教育協会でスクールリーダーシップや秀才児指導法の研修等の講師としても活躍しておられます。

 

研修は、リヒテルズ直子氏が通訳を行いますので、オランダ語や英語ができなくても日本語だけで参加していただけます。

また、所属や役職にかかわらず、ご関心のある方はどなたでもお申込みいただけます。

 

 

【研修内容】

≪1日目  4月28日(日)≫

オープニング

お互いに知り合いになる

背景としてのオランダの教育制度(日本の教育制度と比べる)

組織における専門集団的文化

ペーター・センゲの理論に基づく<学習する組織>について

 

≪2日目  4月29日(月)≫

専門家の発達に関して、ダニエル・キム、オットー・スハーマー、マイケル・フランの思想を学ぶ

これらの背景をもとに組織に形を与える

あなたの組織:あなたは今どこにいて、どこに向かって行きたいのか!

あなたの次のステップは?

クロージング

 

【日 時】

2019年4月28日(日)10:00~17:00

2019年4月29日(月)9:00~16:00

※2日間を通しての参加のみの受付となります。

 

【会 場】東京家政大学・板橋キャンパス

 

【定 員】先着30人【満員御礼】※キャンセル待ちの受付も終了しました

 

【参加費】55000円 (イエナプラン教育協会会員・学生は54000円)

 

 

【キャンセルポリシー】

参加費お振込後のキャンセルの場合は、以下の取り扱いになりますので、ご了承ください。

・4月21日までにキャンセルされた場合は、参加費から返金振込手数料を引いた額をご返金いたします。

・4月21日までにキャンセルする場合は、参加費から返金振込手数料を引いた額をご返金いたします。

・4月22日〜27日の間にキャンセルする場合は、参加費の50%を頂戴し、50%をご返金いたします。

・当日キャンセルの場合は、参加費の100%を頂戴いたします。

 

【お問い合わせ先】info@japanjenaplan.org

 

【主 催】 一般社団法人日本イエナプラン教育協会