NEWS

オランダ支部通信第7号

オランダ支部より第7号の通信が届きました。

下のリンクより、ぜひご覧ください。

 

http://japanjenaplan.org/Dekring7

 

 

 

  • 2020.03.31 Tuesday
  • -
  • -
  • -

ニュースレターNo.37を配信いたしました。

会員専用メールマガジンにて、ニュースレターNo.37について配信いたしました。

配信に伴い、会員専用ページのパスワードを変更しております。

メールマガジンが届いていない会員の方は、事務局までご連絡ください。


リーンさんのインタビュー

 ドクタースハエプマンスクールで長く校長をしていたリーンさんの退職(昨年7月)を記念して、オランダイエナプラン教育協会の季刊誌Mensen-Kinderenの9月号が特集を組みました。

 その記事をリヒテルズ直子さんが翻訳してくださいました。会員専用ライブラリーに掲載しましたので、是非お読みください。

第2回オランダ・イエナプラン ビギナーズ研修 奨学金について

日本イエナプラン教育協会 奨学金事務局 宇野克郎 奨学金の運用を担当いたします日本イエナプラン教育協会奨学金事務局の宇野克郎と申します。 私は2018年夏のオランダ・イエナプラン研修に参加いたしました。

この奨学金制度は、その夏の 研修の中での会食の席から生まれたものです。 オランダでの研修中の参加メンバーとの話し合いの中で、大変素晴らしいこの研修にぜひとも多 くの方に参加してもらいたいという思いを共有し、研修費用を一度に用意することが負担となる若い方への援助をすることは出来ないか、という話から今回の奨学金制度に発展いたしました。 2018年夏の研修に参加したメンバー有志が少しずつお金を出し合い、この奨学金制度の為の基金 を用意いたしました。今後の研修でもこの基金を奨学金として活かせる様、1年以内の返済をお願いする形になります。返済に際しての利子はいただきません。ぜひご活用ください。

イエナプラン研修の奨学金制度はまだまだ手探り状態の試みになりますが、この輪が広がり、基金が増えてまいりましたら運用方法を見直していこうと思っております。

【奨学金対象者及び人数】

・学生1名、社会人学生はのぞく (学生の方からの申し込みがない場合、社会人の方からの募集も検討いたします。)

【金額】

・最高で8万円までのご希望額 (1年以内で確実に返済可能な額での設定をお願いいたします。)

【返済期間、返済方法】

・奨学金のお申し込みから1年以内、銀行振込にて (返済期日や一括/分割などの返済計画は、受け取られる方のご希望に沿う形にいたします。)

【お申し込み方法】

必要事項を下記メールアドレスまでお送りください。 (メールアドレス: jenaplan2018@gmail.com )

1,お名前 2.ふりがな 3.生年月日(西暦) 4.ご住所 5.お電話番号(お電話での本人確認が可能な番号で) 6.メールアドレス(添付書類が受け取り可能なアドレスで) 7.所属(学校名) 8.奨学金の希望額 9.返済方法(1年以内での、ご希望の返済方法をご記載ください) 10.お電話でのご連絡に都合の良い時間帯 (お申し込みいただいた方にお電話をさせていただきます) 

【選考方法】

・2020年1月6日(月)お昼12時から、お申し込み先着順にて決めさせていただきます。 奨学金お渡しの方法などの具体的なお話は、奨学金を受け取られる方に後日お知らせいたしま す。ご不明な点などございましたら、ご遠慮なく jenaplan2018@gmail.com (担当:宇野)までお問い合わせください。


第2回オランダ・イエナプラン ビギナーズ研修募集要項

2019年に引き続き、2020年3月に第2回目のオランダ・イエナプラン ビギナーズ研修を開催します。2011年以来春季と夏季14回にわたり1週間の短期研修(オリエンテーション研修)を実施してきましたが、オランダのイエナプラン教育への関心と知識が日本でも以前に比べて増えてきたことを踏まえ、春季の短期研修を2週間のビギナーズ研修に変え、理論をより深く学び、オランダ人家庭に4日間ホームステイをしながらイエナプランスクールで参与観察をします。詳細は以下の通りです。奮ってご参加下さい。

 

実施期間:2020年3月8日(日)ー20日(金)

 

研修日程:

3月8日(日):16時半に空港集合後貸切バスで研修所へ、その後ウェルカムディナー

3月9日(月)-12日(木):理論講習

3月12日(木)午後:ホームステイ先に移動

3月13日(金):イエナプランスクールで参与観察と実習

3月14日(土)-15日(日):ホームステイ先のホストファミリーと相談の上、自由行動(観光など)

3月116日(月)-18日(水):イエナプランスクールで参与観察と実習

3月18日(水)午後:研修所に移動

3月19日(木):理論講習とイエナプランスクールでの経験をもとに個別のテーマでプレゼンテーションの準備

3月20日(金)午前:プレゼンテーション、修了書授与式

3月20日(金)午後:貸切バスで空港へ、その後解散

 

研修内容:

研修期間中、参加者は、自ら選んだテーマをもとに、講習と実習に参加して、経験と知識を積み、最終日にプレゼンテーションを行って、他の参加者と成果を共有します。

●理論研修で取り上げる内容は次の通り

1.ファミリーグループ:子ども学的な学校、グループ作り、異年齢学級

2.7つの基本活動:共に話す、共に遊ぶ、共に働く、共に祝う、共に実験する、共に考える、共に瞑想する

3.校舎をデザインする:教室・学校・校庭をデザインする、時間割を作る(リズミックな週計画)、子どもの独自の週計画の作り方

4.教科学習とファミリーグループワーク(ワールドオリエンテーション):教科の学び方、ファミリーグループワーク、ストーリーラインアプローチ、ヤンセンの自転車、マルチプルインテリジェンス

5.評価の通知:通知表、保護者との交信

●実習期間中には、参与観察の他に、必ず1回(英語で)イエナプランスクールの生徒・グループリーダー・保護者などを対象に、日本(日本人の生活や学校の様子など)に関するプレゼンテーション(15分程度)を実施していただきます。

●ホームステイとイエナプランスクールでの見学実習は、原則として二人ずつの組みになって行います。

●講師は、イエナプラン教育の教員、校長経験を持ち、現在イエナプラン ・アドバイス&スクーリング社(JAS)の共同設立者として現職教員への研修事業を行なっているフレーク・フェルトハウズ氏とヒュバート・ウィンタース氏が担当、通訳・コーディネーターは、リヒテルズ直子が担当します。

 

参考図書・DVD:

オランダのイエナプラン 教育に関しては、すでに日本語でも読める参考図書あります。特に以下のものは、自分のテーマを選び理解を深めるために、ぜひ事前に学習しておかれることをお勧めします。

(必読・携帯書)

リヒテルズ直子著「今こそ日本の学校に!イエナプラン実践ガイドブック」教育開発研究所

(その他事前学習をしてほしい書籍)

●リヒテルズ直子「オランダの個別教育はなぜ成功したのかーーーイエナプラン 教育に学ぶ」平凡社

●フレーク・フェルトハウズ、ヒュバート・ウィンタース著、リヒテルズ直子訳

「イエナプラン教育 共に生きることを学ぶ学校」電子書籍3分冊

 ⑴イエナプラン教育って何? 

 ⑵イエナプラン教育をやってみよう

 ⑶イエナプラン教育と共に生きる

●リヒテルズ直子「オランダの共生教育ーーー学校が<公共心>を育てる」平凡社

●ピーター・センゲ他著リヒテルズ直子訳「学習する学校」英治出版

●DVD「明日の学校に向かってーーーオランダ・イエナプラン教育に学ぶ」グローバル教育情報センター

●その他、会員特典として閲覧できる日本イエナプラン教育協会ホームページのライブラリー資料

 

申し込み方法と申し込み締め切り:

こちらよりお申し込みください。

締め切り【2019年12月31日】

 

最低催行人数:

13人(最大24人まで受け付けます)

締め切りよりも前に最低催行人数に到達したら申込者におしらせしますので、渡航準備を始めてください。締切日に最低催行人数に到達しない場合は、1月3日までに催行中止のお知らせを差し上げます。

 

参加費:

1795ユーロ (申し込み頂いた皆様には、参加申し込み締め切り以後10日(2020年1月15日までに450ユーロを口座送金していただき、参加確定といたします。残額は、研修開始日までに現金または海外送金にてお支払いただきます)

学生・会員割引はありません。

※奨学金についてはこちらをご覧ください。

 

参加費に含まれているもの:

 ・研修講師への講師料

 ・研修中の通訳・コーディネート料

 ・スキポール空港から研修所(Het Bovenveen, Ruinerweg 12 Echten) までの貸切バス使用料

 ・宿泊施設使用料(宿泊は研修所に附設された宿泊施設と人数が増えた場合は最寄りのホテルに、原則として相部屋で宿泊していただきます)

 ・研修期間中(3月8日の夕食から20日の昼食まで)の食費(1日3食)

 ・ホームステイ先へのお礼(宿泊・食費・研修所までの送迎費用を含む)

 

参加費に含まれていないもの:

 ・日本の自宅からオランダのスキポール空港までの往復にかかる費用

 ・海外旅行保険加入料

 ・研修期間前後の延泊にかかる宿泊及び移動費用

 

【お問い合わせ先】 kensyu@japanjenaplan.org

何か不明な点などございましたら、上記のメールまでお問い合わせください。


オランダ支部通信6号

オランダ支部より第6号の通信が届きました。

ぜひご覧ください。

 

http://japanjenaplan.org/Dekring.vol.6


| 1/14PAGES | >>